開業プランとサポート

オフィス

資格は取得しただけでは使えません。使える環境を作り出して、初めて有効になってきます。公認会計士の資格は、難易度も高く、時間もかかります。仕事として生かしていくのは、相当な準備を重ねていかなければいけません。資格を生かすために、経験も2年積むことにはなりますが、これだけで仕事ができるほど甘い業界でもないのは、勉強しているとわかりようになります。いきなり看板を掲げたとしても、これで食べていけるようなものではありません。いかに開業した後のプランをまとめておくか、資格の勉強している段階から模索していかなければいけないでしょう

実際に頑張っているから認められるわけではありません。社会はそこまで甘くないからです。講座で就職サポートしているのは、大きな意味が出てきます。合格後に就職できれば、そこで経験も積めるでしょう。次のステップとしては重要であり、そこでコネクションも築いていけるようになります。資格講座では、多くの生徒を抱えるだけではなく、公認会計士の卵として送り出していく立場にあるでしょう。就職できるかどうかも追跡調査しています。バックアップ体制を作り上げられれば、多くの生徒も確保できるようになるため、いろいろな手段を用意していますので、講座を選ぶ際には事前に確認しておくといいでしょう。自分の将来に関わってくるのですから、疑問点があれば、どんどんと確認しておくべきポイントです。